人材育成研修を理想的な形で進めるうえで大切なことは?

研修の前にテーマや目的をハッキリと決めておこう

人材育成研修は、社内の従業員のスキルアップや仕事への意欲の向上など様々なメリットがあり、大手から中小まで様々な業種で行われています。そうした中、人材育成研修を理想的な形で進めるためには、早い時期から人事や総務の担当者はもちろんのこと、現場の責任者も加わって研修のテーマや目的についてハッキリと決めておくことが重要です。また、基本的なビジネスマナーだけでなく、販売マナーや接客マナーなどそれぞれの職種に特化した研修を取り入れる際は、必要に応じて社外の講師に力を借りるという方法もあります。なお、過去に本格的な人材育成研修を実施したことがない場合は、社員研修のアドバイスや講師派遣を行っている専門業者にサポートをお願いするのも良いでしょう。

従業員の年齢やキャリアに合わせて計画を立てよう

人材育成研修のコストや時間を無駄にしないためには、研修の対象となる従業員の年齢やキャリアに合わせて計画を立てる必要があります。たとえば、長年にわたるスキルアップが必要となる職種については、新人研修だけでなく、中堅や管理職に対する研修を行うことも大切です。また、新卒者だけでなく中途採用者も積極的に採用している会社においては、採用後から少人数やマンツーマンの研修を実施することで、スムーズに日々の業務に順応させることが可能となります。その他、継続的に人材育成研修を実施するうえで、毎回の研修の後に人事担当者が個々の従業員のヒアリングやアンケートを行って、研修の問題点や改善点を見つけることも大事です。

昇進や昇格に伴う立場の変化は様々な問題に直面します。そんな時は人材育成のセミナーが役に立ちます。立場の違う人からの意見や上司や部下との接し方のヒントを得ることが出来ます。