どんな仕事をするの?倉庫の仕事内容と雇用形態

倉庫作業の職場とはどのようなところか

倉庫を保有している企業は多種多様です。代表的な職場としては、宅急便や郵便局といった荷物が集まる倉庫をはじめ、通販会社の商品を置いている倉庫、スーパーやコンビニなどの食品を置いている倉庫、アパレル会社や日用品販売店の荷物置きの倉庫などがあげられます。倉庫は、作業環境が悪いというイメージもありますが、冷暖房が完備された倉庫もあり、快適な職場も多いです。

倉庫作業の仕事内容とは

倉庫での仕事内容は多種多様です。ひとつが荷下ろしと倉庫内への荷物の運搬作業です。倉庫内の荷物をトラックなどへ運搬、トラックで集めた荷物を倉庫内へと運搬する仕事のことを言います。検品作業や仕分け作業も仕事のひとつです。商品製造の際には、商品に瑕疵がないのかを確かめます。集まった荷物を種類ごとに分別してきれいに仕分けることも仕事となります。このほか梱包やラベル張りも仕事です。

倉庫作業の雇用形態とは

倉庫作業の雇用形態は様々です。最も多く働いている人々の雇用形態は、パートやアルバイト、契約社員などでしょう。単調な作業を繰り返していく仕事をこなすことが多く、地味な仕事ですが、給与が高いという点で人気があります。倉庫作業は基本的に、ほかの職種に比べて給与が高いです。倉庫で働くスタッフには、正社員もいます。倉庫を保有する本社から派遣されることもありますが、パートやアルバイトから正社員となることの方が多いです。パートやアルバイトとは異なり、全体を統括して仕事の流れを把握するという仕事をすることが多いでしょう。

物流センターは、商品の保管、輸送、荷役、包装、流通加工の機能を併せ持つ施設です。センターの持つ役割によって、「TC」「DC」「PDC」「FC」に分けられます。