どうして電気製品を自作するの?電気製品自作のメリットとデメリット

電気製品は自作することができる

電気製品は、家電量販店などで購入するものというイメージが強いですが、必ずしもそういうわけではありません。工具を準備して、部品を集めて設計図を作成すれば、自分で自作することも可能です。簡単なものならば照明器具が代表でしょう。自作キットを活用すれば、子どもでも作成できるものがあります。

電気製品自作のメリット

電気製品は、既製品を購入するほうが良いという面もありますが、自作することにも様々な魅力があります。電気製品の自作のメリットのひとつが、費用が安く済むということです。高価な電化製品は、部品をそろえて自作することによって安く済ませることができます。ホームセンターで購入するほか、リサイクルショップでさらに安く手に入れることができるでしょう。また、自分だけの電気製品を手に入れることができるという点もメリットです。既製品は、どこかありふれたものです。しかし、自作すれば自分が最も使いやすい機能を取り付けることができます。デザインも自分で決めることができて、部屋全体のコーディネートを統一させることも可能です。

電気製品自作のデメリット

電気製品を自作することのデメリットのひとつは、故障しやすいということです。素人が作成すると、どうしても既製品よりももろい部分があります。また、故障してしまった場合には、修理を自分でするしかありません。既製品ならば電気店やメーカーに問い合わせれば修理してもらえる可能性が高いですが、自作ではできないので、それがデメリットとなることは多いです。

プリント基板設計はインターネットで簡単に受注できます。電話やメールでの相談も可能で便利ですし、少量生産にも対応しています。