電気代の節約に効果的?太陽光発電を自宅に取り入れよう!

小規模な設備で発電ができるのが魅力

太陽光発電が広く普及した理由として設備が小規模な点が挙げられます。従来の発電設備は巨大なタービンを回転させ、そこで生じた電気を各地へ送る仕組みです。タービンを常に回転させる必要がある他、発電量を安定させることも重要なため設備が大型化するのは避けられません。その点、太陽光発電はソーラーパネルに日光を当てるだけで電気が作られるため、パネルと発電設備の置き場所があればどこでも電気を作ることができます。また、必要な分だけの発電に留めるならパネルも少量で済むのでさらに小型化が可能です。

使用頻度が少ない電気製品に組み込むのが上手な方法

太陽光発電は日光に依存する発電設備なので供給が安定しにくい欠点があります。住宅や雑居ビルなど建物単位での発電に多用されていますが、それでも必要な電力のすべてを太陽光発電だけで賄うのは容易ではありません。現状では既存の発電設備と併用する形で普及していますが、使用頻度が少ない電気製品への供給源にするなど、太陽光発電の欠点を補う形での利用が進んでいます。また、屋外の照明など常に日光が当たる場所に置く電気製品に組み込む使い方もあります。

ソーラーパネルのメンテナンスはこまめに行う

住宅用の太陽光発電設備はソーラーパネルのメンテナンスを怠ってはいけません。パネルに汚れが付着すると日光が遮られてしまい、発電効率が大幅に低下します。冬季の積雪もソーラーパネルの大敵なので日頃から掃除や除雪はこまめに行うことが大切です。経年劣化による性能の低下も避けられない問題なので、定期的なパネルの交換もクリーンな発電を続ける条件と言えます。

設置する際の太陽光発電の価格はメーカーによって差はありますが、1kWあたり25万円~50万円程度といわれています。設置する際、地域によっては助成金制度があるので、一度、調べてみるのもいいでしょう。