倉庫をリノベーション!メリットとデメリットを紹介

倉庫リノベーションとは?

倉庫リノベーションとは、分かりやすく言えば倉庫を本来の用途以外に改装・設計・工事することを指しています。主に使われなくなった倉庫を対象として行われていて、住宅にリノベーションすることが多いほかにも、カフェやお店・オフィスなどにリノベーションするケースも多いです。いずれも倉庫ならではの機能や雰囲気を再利用しており、オリジナリティあふれる独特の雰囲気を作り出すことができる点が魅力となっています。

倉庫リノベーションのメリット

倉庫リノベーションの最大のメリットは、購入費用や解体費用が安い点です。倉庫は一般的な物件よりも安い価格で販売されていることが多いため、手軽に手に入れることができます。リノベーションにかかる費用に関してはどのようなリノベーションを行うのかがポイントになるものの、中ががらんどうになっていることが多い倉庫は不要なものを解体する費用も安いのでそこまで高額にはなりにくいです。ほかにも倉庫内は仕切りがないので間取りを自由に設定できる点や、天井が高く解放感のある空間である点もメリットとして挙げられています。

倉庫リノベーションのデメリット

倉庫リノベーションをする時のデメリットとして注意しなければいけないのは、インフラ設備をきちんと整備しなければいけない点です。本来倉庫には電気やガス、水道などの基本的なインフラが整ってないことが多いとされています。また倉庫の種類によっては冷暖房などもついていないことがあるので、リノベーションする際にはきちんとこれらの設備を用意しなければいけません。また倉庫は耐震性や耐熱性など、一般的な物件が兼ね備えている性能が弱いこともあります。

ネット通販が盛んな現在の物流界において、3PLの存在は非常に重要度が増しています。委託業者の人件費削減や生産性の向上、労働環境の改善に貢献しているのです。